当山は、四季を通じ様々な花々に囲まれた多宝塔(たほうとう)を心経宝塔として毎月21日を写経の日としています。


蓮 『蓮を観じて自浄を知り、菓をみて心徳を覚る』
(はもすをかんじてじじょうをしり、このみをみてしんとくをえる)『般若心経秘鍵』              
(はんにゃしんきょうひけん)
-弘法大師-

私たち人間の心は本来、蓮の花のように清らかで美しいものです。花開き結実する蓮のように人々の心は皆、仏心の種を宿していると、お大師さまはお説きになっています。
みなさまもお写経を多宝塔に納経なさってみませんか?

多宝塔

多宝塔


☆写経(初心者向け)
写経の作法は、いろいろとありますが、まずは心静かに祈りを込めて経を写すことに集中しましょう。
筆に不慣れな方は、筆ペンではじめてもよいでしょう。

  1. 自然を慈しみ、仏の宿る花々を愛で、心を落ち着けます。
  2. そっと手を合わせましょう。
  3. お経を静かに丁寧に写していきます。
  4. 写し終えたら願い事・お名前を記入します。
  5. 納経しましょう。
    大聖寺では、祈願法要ののち心経多宝塔の納経所に納めさせていただきます。